このページを印刷する

医薬分業とは

医師と薬剤師の2人の専門家が協力して二重に確認することにより
お薬を安全に使ってもらうための制度です。

医薬分業のメリット

  1. 医師が診療に専念し、薬剤師が調剤することにより、薬の使用がより安全になります。
  2. 処方せんにより、患者さんの薬の処方内容が明らかになります。
  3. かかりつけ薬局では患者さんの薬に関する記録を保管しています。
    薬に対するアレルギー、副作用等を記録しておくことで、患者さんの服用する薬の安全性を高めることができます。
  4. 他の病院や診療所の処方と同じ薬が重複していたり、危険な飲み合わせがある場合など処方内容に疑問がある場合
    薬剤師が医師に問い合わせ、その結果、処方内容の変更や、処方中止等の処置がとられることもあります。
  5. 飲み忘れ・飲み間違いを防ぐため、1回に飲む薬を一包にまとめたり、薬の名前や飲み方、
    効能・効果や副作用などの情報を 書いた文書をお渡しして説明をしたり、おくすり手帳に薬の情報などの記録もします。

※特に複数の医療機関や診療科を受診している患者さんは、是非1ヶ所「かかりつけ薬局」を決めて
処方せんによる調剤を受けられることをお勧めします。